2020-10-22

pokka 3

火曜日、pokkaにご参加くださる中標津・HEART FLOWER Charlieさんで働いているお友達と北見・あとりえMOONさんとで紅葉ドライブを楽しみながら、置戸町・オケクラフトさんにお伺いしてきました。

川湯の紅葉もキレイですが、置戸町の紅葉は「うわぁーっ」と思わず言葉を発しってしまうほどキレイでした。特に「赤色」が。オケクラフトさんであれやこれや作品や作家さんのお話を伺いながら選ばせていただき、80点ほどお預かりしてきました。

オケクラフトの方々には本当にいつもご親切にしていただきありがたいです。ありがとうございます。

お仕事を終え、久しぶりに塩別にあるつるつる温泉へ行くことに。途中、鹿の子の沢の滝にちょっと立ち寄るだけのつもりが、紅葉もきれいでついつい「展望台まで行ってみよう」ということになり…。

歩くにつれこの靴、この服装で来てはダメだと気づき、息は切れ膝は笑っていましたが転げ落ちることもなく、滝や巨木、圧巻の岩、展望台からの絶景を見ることができました。その後のつるつる温泉は疲れたカラダを癒やしてくれました。


では、オケクラフトさんの作品をご紹介いたします。


手前のまめ皿は青カツラ・緋カツラ・キハダ・ナラ・クルミの5種の木 後方左はすべっとした肌触りの五寸皿と六寸皿 後方右はぽってりかわいいだ円皿小・中・大


木目がステキなパン皿


kinocaさんの作品 カバとエンジュ、ナラとエンジュと2種の木が使われています スッとしたフォルムでかっこいいです


REI CRAFTさんの飯碗と汁椀 飯碗は小鉢やとんすいとしても… 汁椀は正統派なフォルムで好きです


ティートレイと手にとってご覧いただきたいカトラリーたち 左後ろは赤ちゃん用ののびのびスプーン 


暖かみのあるフォトスタンドとなんともほっこりさせてくれるゆらころひよこ ココロ和みます

木のぬくもりを感じながらの作業。早く並べたくてワクワクしております。

2020-10-19

pokka 2

しばらくの間、活動をお休みされていた斜里・Café de Forêtさんが新作を持って来てくださいました。新作は、きのこ・きのこ・きのこ。知床のくまさんといろいろなきのこがカラフルに描かれています。

今月末からのイベント「pokka」にもご参加いただくことになりました。ココロがほっこりする雑貨のひとつに…。


●きのこレターセット 600yen
きのこレターセットは盛りだくさん 知床でみつけたきのこきのこの便箋のくまさんの手にはベニテングダケとマツタケ 裏面はきのこに腰掛けてタモギタケを食しています くまさんの好物だそうです
(便箋ピンクとグリーン各3枚・トレペの封筒ときのこpaper各2枚・ステッカー2枚)

きのこノートは中もきのこきのこ

●きのこメモ 200yen

●きのこノート 400yen

●きのこポストカード 150yen

そして、北見・あとりえMOONさんのほっこりする水玉のミニバッグとがま口です。あとりえMOONさんらしい色の組み合わせ。「pokka」には冬カラーも納品してくださいます。楽しみです。

明日の定休日には置戸町・オケクラフトさんにお伺いして、作品をお預かりしてきます。またご紹介しますね。

2020-10-16

川湯の森ナイトミュージアム

阿寒摩周国立公園で推進している国立公園満喫プロジェクトの取り組みとして、夜の自然を楽しむイベント「川湯の森ナイトミュージアム」が硫黄山、川湯温泉で開催されます。

硫黄山では山肌を照らし、噴煙を上げる壮大な姿を闇夜に浮かび上がらせ、温泉街近くの森では、1周約40分の散策コースを設定。紅葉した木々が光で照らされ、スマートフォンをかざすと仮想現実で画面にキタキツネやエゾシカなどの動物が現れる演出がされています。

そのほか、ネイチャーガイドによる「火山の物語と星の観察」ツアーや川湯の森エコミュージアムセンター内では「ナイトカフェ&バー」が9日間限定でopen。川湯の森での特別な9日間、大人も子供も楽しめる企画となっていますね。

どうぞ温かい服装で楽しみにいらしてください。